健康通販「しずや」担当:清水☆ミネラル補給ならミネラル水(微量元素)・神源水!

担当:清水  受付時間 月〜土  9:00〜19:00まで ミネラル水(微量元素)・神源水をご愛用者価格で販売! 格安で1個からご購入いただけます!


健康通販ミネラル水(微量元素)・神源水 > ミネラル不足になると?

ミネラル補給をしないと元気が不安になる!?

大事な栄養素の一つによくいわれるミネラル成分ですが、ミネラルについてよく知らない方も多いようです。

たとえば、一般的なミネラルウォーターの飲用でもミネラル成分の補給になりますが、それだけで元気で過ごせるというわけでもないようです。

ミネラル成分の中でも微量ミネラルといわれる、ごく僅かな摂取量になるミネラル成分を摂るか摂らないかが元気に大事にいわれています。

一般的なミネラルウォーターに微量ミネラルの成分が入っていたとしてもごく僅かのようです。

ミネラルウォーターとは少し違った、もっと多くの微量ミネラルを含む水を摂ることで体が喜ぶようです。

僕もそうですが、微量ミネラル成分を十分に補給していくことで笑顔で過ごせるようです。
不思議に思われるかもしれませんが、微量ミネラルの摂取をすると体が解かるでしょう。

ミネラルという栄養素がどうして必要なのか知っていますか?

ミネラルは、ビタミンとともに私たちの「身体に必要な金属元素」にいわれているのをご存じでしょうか。

ミネラルには、身体の発育、代謝、生理作用などをコントロールする働きがあるようです。

私たち生命を育むものの細胞のバランスを維持して、神経や筋肉機能を正しく保つために、とても重要であり健康に欠かせないようです。

これは、ミネラル水(微量元素)・神源水(2リットル)です。

(左写真)ミネラル水(微量元素)・神源水(2リットル)80倍濃縮タイプです。

私たちの体を作っているといわれる五大栄養素をご存じでしょうか。

五つの栄養素、タンパク質、脂肪、炭水化物、ビタミン、そしてミネラル(無機質)を称していわれています。

その中でミネラルだけは体内で生成できないので外部から補給しないといけないようです。

体内のミネラルが不足すると、他の栄養素が活発に活動できないといわれています。

初めて聞かれた方はビックリかもしれません。
私たちが生きるために必要な栄養素全体の2/3はミネラルが占めているといわれます。

そのうち96.6%は炭素、水素、酸素、窒素の四つの主要元素で占めるといわれます。

人体に必要なミネラルとして栄養学では、カルシウム、リン、硫黄、カリウム、ナトリウム、塩素、マグネシウムを常量とし、鉄、亜鉛、マンガン、銅、セレン、ヨウ素、モリブデン、クロム、コバルトの16種類に加え、最近では微量元素の分析法が進歩し、フッ素、カドミウム、鉛等の必須ミネラル微量元素があると考えられてきました。

ミネラルの働きが体内酵素の活動につながっていくようです!

生物の体内では、様々な反応が起こり、生命活動を行っています。

そのような反応には触媒として酵素が関与していて、酵素がなくては生命活動が滞ってしまうようです。

酵素とは、たんぱく質の一種で遺伝子の情報を基にアミノ酸を数珠つなぎにしてできるヒモをグチャグチャと丸めたような物で、中には構造が不安定なために壊れるものもあります。

このような酵素を安定化させ、酵素の活動の中心となり重要な働きをするのが「金属元素」=ミネラルなのです。

微量ミネラルを十分に補給していくことが酵素の安定的な活動にもつながっていくようです。

その微量元素を豊富にバランス良く含んだ「ミネラル水(微量元素)・神源水」はミネラル不足を補う画期的なミネラル水といえるでしょう。

 ⇒「神源水」を購入する

健康維持へミネラル補給をしてみましょう

微量ミネラル不足と生活習慣病の関係とは?

日本人の死亡原因のトップは癌(ガン)だと聞いたことがある方は多いように思われます。

癌(ガン)をはじめとした、いわゆる「生活習慣病」といわれる病になってしまう患者さんも年々増え続けていっているようです。

現代医学は、進歩し続けているといわれているのに、いまだに改善・克服できていないのはなぜなのでしょうか?

それは、癌(ガン)がなぜ起こるのか、その原因に目を向けられていないからではないでしょうか。

癌(ガン)の原因にはいろいろ考えられるようですが、一つとしてミネラル欠乏症、いわゆる「ミネラル不足」が大きくかかわっている、と言われる方もいます。

ミネラルは、ビタミン・脂質などと同様に、私たち生物にとって必須栄養素の一つによくいわれます。

ミネラル元素の中で、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどは、一般的によく知られたミネラル(常用ミネラル)で、知っている方も多いでしょう。

それ以外のミネラルで鉄、銅、亜鉛、クロム、モリブデンなど、微量で事足りるけれども生命維持に必要といわれる微量ミネラルといわれるミネラル成分があることを知る方は少ないように思われます。

微量ミネラルは、私たちの遺伝子から作られるタンパクの中に含まれている、といわれる方もいます。

それによると、体内に微量ミネラルが不足すると、仮に遺伝子が正常であったとしても、できあがったタンパクがまともに機能しないようです。

その結果、代謝のバランスが崩れたり、免疫力も低下したりして、癌(ガン)を始め、さまざまな病気が発生するといわれています。

元気であるために微量ミネラル不足にならないよう、外部から補給していくと体が喜んで元気でしょう。

お体の毎日の健康維持へミネラル補給を食品で摂られたり、サプリメントのように簡単に摂りたい方には飲料水でしんげん水をお試しになってみてはいかがでしょう。

ミネラル不足がもたらすとされる病気について

ミネラル不足がもたらすとされる病気についてまとめてみました。
ご参考に見られてみてはいかがでしょう。

ミネラル名欠乏によっておこる症状と疾病
カルシウム Ca骨格変型、虫歯、骨粗しょう症、破傷風
鉄     Fe貧血、脱毛症、成長障害
亜鉛    Zn成長抑制、生殖腺機能障害、精力減退
マンガン  Mn骨格変型、発育障害、糖尿病、脂肪代謝異常
銅     Cu貧血、毛髪色素欠乏症、栄養疾患
コバルト  Co貧血、食欲減退

「健康の基本」によくいわれるミネラル補給をお考えの方、ミネラル水(微量元素)・神源水を試してみると体が解かるでしょう。

どんなに医学が進んでも自分の健康は自分で守る以外ありません。

動物は人間に飼われるので、病気をしないようにミネラルやビタミンなどの栄養素をバランスよくたっぷり含んだ餌を食べさせられるので病気をしない。

人間は好き勝手な食事をしているので大事にいわれる栄養素を十分に摂れない。

ミネラルを十分に摂れば病気になりにくくなり、若返ります。

人間の体は3,000個位の精巧なコンピューターのかたまりでできているといわれます。

ミネラル不足で生活習慣病などお悩みに。ミネラルを補うと健康へ

必要な栄養を補って、体本来の機能を保ち、ベストな状態に、病気のない豊かな人生を手に入れていきましょう。

日ごろの生活習慣で気になること、体に負担になっているかも、と感じたらできるだけ早く改善するように頑張りましょう。

体はきっと喜びます!

現代社会では、食生活の乱れ、大気や水などの汚染により人々はミネラル不足になるようです。

いろいろな要因でミネラル不足になると生活習慣病などに罹る(かかる)ことに・・
ミネラル不足にならない健康生活を始めてみましょう。

ミネラルは外部より補給が必要です

ミネラルとは「身体に必要な金属元素」の事です。

タンパク質・脂質・炭水化物・ミネラル・ビタミンは、五大栄養素といわれています。

五大栄養素の中で、ミネラルだけは私たちの体内では作り出すことができません。

私たちにとってミネラルは、欠かせないものであり、欠乏すると特有の病気になったり、死にいたる障害が起こるといわれています。

私たちの体内で作り出せないミネラルを補充する方法は、外部より摂取するしかありません。

本来は食べ物でミネラルを摂ることが理想です。

しかし、現代では様々な事情から食べ物自体に含まれているはずのミネラルが少なくなっていると言われています。

農作物も鉱物ミネラルを含んでいます。

ですが非常に微量です。

理由は、農薬、化学肥料、酸性雨、環境ホルモンなどによる土壌汚染で表層が汚れてしまい、生命力を失っているからです。

そこで、鉱物からのクリーンなミネラルが役立ちます。

ミネラル水(微量元素)関連書籍について・・

ご都合により現在ご案内していません。

しばらくお待ちいただければと思います。